遺言書の検認、誰が参加する権利をもつのか。

相続が起きた後、自筆証書遺言を発見した場合には、家庭裁判所で検認の手続きを行う必要があります。検認とは何なのかについては、コチラの記事をご参照ください。

では、遺言書の開封式である検認には、誰が参加権を持つのでしょうか。

検認には、相続人全員が参加する権利を持ちます。仮に申立てをした人から知らせずとも、家庭裁判所から通知が行きますので、隠すことはできません。

もちろん、遺言書の中に一切名前が出てこない人であっても、相続人である以上は参加する権利があります。

検認は、「有効・無効」を争う場ではありませんが、この場で遺言書を目にすることにより、「これは親父の字ではない」など、有効無効を争うトラブルのもとになる可能性はあります。

このような点も踏まえ、遺言書を残す際には、検認が必須である自筆証書でつくるのか、検認が不要で手続きがスムーズな公正証書でつくるのか、しっかり検討しておきましょう。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

士業間の連携は、相続のサポートをしている事務所ではある種当然と言えますが、当センターではお客様のお困りごとを信頼できるメンバーで総合的に解決するため、弁護士や税理士、司法書士等各専門士業のほか、家屋の解体や骨董品鑑定、遺品整理、不動産業者等各分野の専門家と連携しております。お困りの際は、ぜひご相談ください。
なお、各サポートはご依頼前に必ずお見積りを提示いたしますので、ご安心ください。

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です