遺言書の検認とは、どんなものか。

相続が起きた後、自筆証書遺言が残っていた場合には、とにもかくにも「検認」の手続きを経ないことには相続手続きは進みません。では、検認とはいったいどんなものなのでしょうか。

検認とは、家庭裁判所でおこなう遺言書の開封式のものだと考えてください。裁判所というと、ニュースで流れる法廷のようなイメージを持つかもしれませんが、通常は会議室のような部屋で行います。

検認の目的は、遺言書の偽造や変造を防ぐため。特段有効・無効の判断をするものではなく、「いまここに、こういう遺言書がありますよ」という現状を保存する手続きなのです。

検認が済むと、遺言書と遺言書が入っていた封筒、そして検認が済んだ旨が記された用紙が一緒に綴じられ、裁判所の印が押されます。これで何だか裁判所から遺言書が有効だとのお墨付きをもらった気になりますが、前述のとおり、検認が無事に済むことと、遺言書の有効・無効は一切関係ありません。検認を経なければその遺言書を預金の解約や不動産の名義変更等の手続きに使う事はできませんが、一方で検認が済んだからといって有効とは限らないのです。

発見された遺言書が自筆証書であった場合には、このような検認の手続きが必須です。当センターは司法書士と連携し、検認手続きのサポートもしておりますので、まずはお気軽にお問合せください。全体の状況を見て、相続手続きの段取りを致します。

また、これから遺言書を残される方は、自筆証書遺言は検認の手続きが必要であることも知っていただいたうえで、スムーズに手続きをしやすい公正証書で作成することも検討しましょう。

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

士業間の連携は、相続のサポートをしている事務所ではある種当然と言えますが、当センターではお客様のお困りごとを信頼できるメンバーで総合的に解決するため、弁護士や税理士、司法書士等各専門士業のほか、家屋の解体や骨董品鑑定、遺品整理、不動産業者等各分野の専門家と連携しております。お困りの際は、ぜひご相談ください。
なお、各サポートはご依頼前に必ずお見積りを提示いたしますので、ご安心ください。

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です