遺言書があるときの、預金の相続手続き~自筆証書遺言編~

身内が亡くなり遺言書があった場合、故人の預金を解約するまでにはどのような流れを踏めば良いのでしょうか。ここでは、見つけた遺言書が「自筆証書遺言」であった場合について、解説します。

1、遺言書を開封せず、家庭裁判所へ「検認」の申立てを行います。なお、検認の前に開封したからと言って遺言書が無効になるわけではありませんが、5千円以下の過料に処される場合があるほか、他の相続人から偽造や変造を疑われることにも成りかねません。必ず封をしたまま、検認当日まで保管するようにしましょう。

2、検認当日、家庭裁判所へ出向き、遺言書の開封を行います。検認には、遺言書の中に名前が出てこない人も含め、相続人全員が参加する権利を持ちます。なお、検認は「有効・無効」を判断する場ではありませんから、検認が済み印が押されたとしても、有効だというお墨付きというわけではありませんから、注意しましょう。

3、遺言書の内容を確認します。ここでは、内容は特に問題なく、預金についても個別で記載されているものとします。(※もし遺言書の体をなしていない場合や手続きに使えない内容である場合には、ここから改めて遺産分割協議をしていくことになります。余談ですが、私は自筆証書遺言でまったく問題がないものは、これまで一つも見たことがありません。)

4、金融機関の窓口に遺言書を持参し、手続きについて確認します。ほとんどの金融機関で、金融機関独自の書式があるので、その書類をもらいます。

5、必要書類を収集します。必要書類の多くは、検認の申立てのために収集した書類と重複しますので、それを使います。

5、遺言書に遺言執行者の指定があれば遺言執行者が、なければ遺言執行者を選任する手続きを家庭裁判所で行うか、相続人全員が印鑑を押して解約手続きを行います。

6、ようやく、預金が払い戻されます。

 

当センターでは、司法書士等と連携の上、上記手続きの代行をしております。また、個別事情によりスケジューリングを含めた舵取りを行いますので、まずはお気軽にお問合せください。

また、遺言書を残す立場としては、残っていた遺言書が公正証書であった場合と比較し、ぜひ相続発生後の手続きがスムーズな公正証書遺言を作成することを検討しましょう。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

士業間の連携は、相続のサポートをしている事務所ではある種当然と言えますが、当センターではお客様のお困りごとを信頼できるメンバーで総合的に解決するため、弁護士や税理士、司法書士等各専門士業のほか、家屋の解体や骨董品鑑定、遺品整理、不動産業者等各分野の専門家と連携しております。お困りの際は、ぜひご相談ください。
なお、各サポートはご依頼前に必ずお見積りを提示いたしますので、ご安心ください。

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です