相続が起きた時の代襲相続は、どこまで権利が移るのか?

相続が起きた時、本来であれば相続人であったはずの人が被相続人よりも先になくなっている場合には、その既に亡くなっていた人の子が、代わりに相続人となります。これを、代襲相続と言います。では、代襲相続によって相続人となるのは、どこまでの範囲の人なのでしょうか。

まず、代襲相続には大きく分けて二つのパターンがあります。一つは、子や孫といった第一順位の相続人たる直系卑属に関するもの。もう一つは、兄弟姉妹といった第三順位の相続人に関するものです。

実は、代襲相続は、第一順位の相続人であれば、理論上は無限に起こりえます。既に亡くなった子がいれば孫が相続人となりますが、孫も既に亡くなってばひ孫、ひ孫も既に亡くなっていれば玄孫・・というように、代襲する世代に制限はありません。しかし、現実的にはひ孫くらいまでしか、考えづらくはありますが。

一方で、第三順位の相続人の場合の代襲は、1回までと制限されています。つまり、兄弟姉妹の中で既に亡くなっている人がいれば甥や姪が代襲して相続人になりますが、甥や姪も既に亡くなっている場合には、その下の世代までは権利がうつらない、ということです。自身や自身の関係者について、それぞれ誰が相続人となるのか、把握しておくと良いでしょう。

なごみ 相続サポートセンターでは、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。遺産分割協議書の作成や相続税申告や、不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、相続戸籍の収集や、金融機関の解約手続き、電話加入権の名義変更などの代行も可能です。また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。

初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です