代襲相続で、いとこが自分の相続人になることはあるか?

相続が起きた時、生きていれば相続人となるはずだった人が既に死亡していることにより、その人の子などの直系卑属が代わりに相続人となることを、代襲相続といいます。では、この代襲相続により、いとこが自分の相続人になる可能性はあるのでしょうか。

結論を言えば、いとこが相続人になることはありません。

整理すると、いとことは、自分の親の、兄弟の子です。まず、第一順位の相続人たる子や孫がいない場合には、両親が相続人になります。そして、両親も既に他界している場合には、「両親の兄弟」ではなく、「自分の兄弟」が第三順位で相続人となります。ここまで誰もいなかったとしても、両親の兄弟の子であるいとこが相続人になることはありません。家族関係は言葉で見るとややこしく感じるかもしれませんが、一度簡単な家系図を書いたうえで、自分の相続人が誰になるのか確認しておくことをお勧めします。

なごみ 相続サポートセンターでは、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。遺産分割協議書の作成や相続税申告や、不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、相続戸籍の収集や、金融機関の解約手続き、電話加入権の名義変更などの代行も可能です。また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。

初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です