相続手続きに必要な相続人の戸籍謄本などの、遠方からの取り寄せ方。

相続が起きると、相続人の戸籍謄本や亡くなった方の除籍謄本、原戸籍謄本など、様々な書類が必要になります。これらの書類は原則としてその書類のある市町村役場から取り寄せる必要があります。しかし、わざわざそのためだけに遠方の役所まで行くのは大変です。遠方に書類がある場合には、郵送で取り寄せましょう。郵送での請求に必要な書類は、下記の通りです。

1、郵送請求書・・各市町村役場所のHPからダウンロードできます。ただ、所定の用紙以外でも受け付けてくれる事がほとんどですので、印刷環境がない場合には手元の用紙に必要事項を記載したものでも問題ありません。役所の請求用紙を確認の上、必要事項を記載してください。押印の要否も役所によって異なります。心配であれば、認印で良いので押印しておくと良いでしょう。

2、本人確認書類・・運転免許証など、写真つきの本人確認書類のコピーを同封します。白黒で問題ありません。

3、定額小為替・・戸籍や除籍の代金を払うために同封します。最寄りの郵便局で必要な額を購入してください。なお、小為替の購入には額面がいくらのものであっても100円の手数料がかかります。450円の小為替を買うには、550円が必要、ということです。なお、多くの役所で、小為替でのおつりは出してくれません。例えば、750円の除籍が必要な場合、1,000円の小為替を一枚送付すると、役所から電話がかかり「1,000円の小為替はお返しするので、750円の小為替を送りなおしてください」と言われ、時間のロスが生じます。戸籍謄本は450円、除籍と原戸籍は750円、住民票は市区町村によって金額が異なります。あらかじめ確認のうえ、必要な金額を同封しましょう。

4、返信用封筒・・切手を貼った状態で、同封します。なお、除籍や原戸籍は部数が多いとかさばり、82円切手では収まらず、92円となる場合もあります。82円切手は最初から封筒に貼付し、それとは別に10円切手を同封しておくとスムーズです。

なお、郵送での請求は年々スピードが落ちてきている印象で、役所によっては発送から請求した戸籍の到着まで、1週間以上かかることもあります。急ぐのであれば、速達で発送すると、多少急いで処理をしてくれる場合もあるので、工夫しましょう。

なごみ 相続サポートセンターでは、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。遺産分割協議書の作成や相続税申告や、不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、相続戸籍の収集や、金融機関の解約手続き、電話加入権の名義変更などの代行も可能です。相続戸籍の収集代行は、全国対応です。

また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。内容のご相談や文案の作成はもちろん、当日の同行、必要書類の収集や、公証役場とやり取りの代行も可能です。問題のない遺言書をきちんと作成することで、相続で困る人を一人でも減らしたいという想いで活動しております。

初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です