公正証書遺言の保管場所としておすすめできない場所とは?

遺言書を作成したあと、どこに保管すれば良いのか、迷うかたも多いかと思います。ここでは、遺言書を保管してはいけない場所について、お伝えします。

答えは・・意外かもしれません。遺言者名義の、銀行の貸金庫です。

それは、なぜでしょうか。銀行の貸金庫は安全性が高く、大切なものを保管するのに大変優れています。しかし、それが遺言書の保管には裏目に出るのです。

もし、遺言書がなければ、相続人は、いくら家族とはいえ、故人の貸金庫を勝手にあけることはできません。貸金庫をあけるためには、相続人全員の同意が必要です。

一方、遺言執行者が定められた問題のない遺言書があれば、原則として、遺言執行者のみで貸金庫が開けられます。

では、遺言執行者を証明するための遺言書が貸金庫の中に入っていたら・・?まるで、卵が先かニワトリが先か、というような状態になってしまいます。貸金庫の中に入った遺言書を取り出すために、遺言書が必要。なんとも、本末転倒な状態です。

一応補足しておくと、公正証書であれば、公証役場からまた原本の取り寄せができるので、これを知って入れば、最悪、貸金庫に入れてしまったとしても何とかなります。ただ、相続人がすべて公証役場から取り寄せられることを知っているわけではないでしょうし、さらに言えば公正証書遺言を作成したことさえ知らなければ、「公正証書遺言の検索ができる」という考えに至らない場合も少なくありません。

遺言書だけは、貸金庫に保管しないようにしましょう。

なごみ 相続サポートセンターでは、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。遺産分割協議書の作成や相続税申告や、不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、相続戸籍の収集や、金融機関の解約手続き、電話加入権の名義変更などの代行も可能です。

また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。内容のご相談や文案の作成はもちろん、当日の同行、必要書類の収集や、公証役場とやり取りの代行も可能です。問題のない遺言書をきちんと作成することで、相続で困る人を一人でも減らしたいという想いで活動しております。

初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です