公正証書遺言で、夫や妻といった配偶者に財産を渡す際の注意点は?

公正証書遺言を作成することで、争いを防ぎ、円満な相続に導くことができます。ここでは、公正証書遺言で配偶者に財産を渡す際の、プラスアルファの注意点をお伝えします。

それは、必ず「予備遺言」を書いておくことです。予備遺言とは、「自宅土地建物を妻のなごみ花子に渡す」とした上で、さらに「遺言者の死亡時、すでになごみ花子が死亡していた場合には、なごみ花子に渡すとした財産は、すべて長男のなごみ太郎に相続させる」というような記載です。配偶者であれば、年齢が近いことも多く、相続の順番は誰にもわかりません。そのため、もし自分の死亡時に配偶者が死亡していた場合の財産の行先まで、定めておく必要があるのです。

このような記載がないと、仮に自分の死亡時に配偶者が死亡していたときには、配偶者に渡す予定だった財産は、宙に浮いてしまいます。自動的に誰かに権利がうつることはなく、話し合いが必要になるのです。そうならないために、万が一に備えた「予備遺言」を記載しておきましょう。

なごみ 相続サポートセンターでは、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。遺産分割協議書の作成や相続税申告や、不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、相続戸籍の収集や、金融機関の解約手続き、電話加入権の名義変更などの代行も可能です。

また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。内容のご相談や文案の作成はもちろん、当日の同行、必要書類の収集や、公証役場とやり取りの代行も可能です。問題のない遺言書をきちんと作成することで、相続で困る人を一人でも減らしたいという想いで活動しております。

初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です