公正証書遺言のメリット。遺言の有無の検索ができるって知ってますか?

遺言書には大きく分けて、二つの種類が存在します。ひとつは、自分で書く自筆証書遺言書。もう一つは、公証役場で作成する公正証書遺言です。自筆証書遺言は手軽に書ける一方、公正証書遺言は少しハードルが高いかなと感じている人もいます。しかし、残される家族を想うのであれば、自筆証書遺言はデメリットしかありません。ここでは、公正証書遺言のメリットの一つである、検索機能についてお伝えします。

遺言書の保管で怖いのは、やはり偽造や紛失。また、遺言書を見つけた人にとって思わしくない内容であった場合、捨ててしまうなど、様々なリスクが存在します。もちろん遺言書の偽造や隠匿は絶対に行ってはいけないことなのですが、遺言書を書く側としても、そういったリスクを防ぐ必要があります。

自筆証書遺言は、その用紙自体が原本です。そのため、捨ててしまったり、偽造されたりしてしまっては、元の状態を証明することが困難です。また、紛失したり、厳重に保管した結果相続後に見つけてもらえなかったりといったことも考えれられます。これは、自筆証書遺言の大きなデメリットの一つです。

これに対して、公正証書遺言は、偽造や隠匿、紛失、また見つけてもらえないというリスクはありません。なぜかと言えば、公正証書遺言は、作成時点で、公証役場に原本が保管されるためです。似たものとしてイメージされると良いのは、戸籍謄本でしょうか。戸籍謄本は、役所へ行ってお金を払って取得します。その戸籍謄本自体は、手続きに使用することができる原本です。しかし、いくらその戸籍謄本を失くしたり、書き換えたり、捨てたりしたところで、また役所へ行けば新しいものが取得できます。これと同じように、公正証書遺言は公証役場に保管されているので、万が一紛失したり偽造の疑いがあれば、再度取得すれば良いのです。また、相続人などの関係者は、全国の公証役場から遺言書の有無が検索できますので、見つけてもらえないリスクも防ぐことができます。

このように、公正証書遺言には自筆証書遺言にはない、大きなメリットが存在します。遺言書を作る際は、作成する際の手間や費用のみで決めるのではなく、実際に手続きに使用する際の家族の手間や負担を踏まえ、公正証書遺言で作成することをお勧めします。

なごみ 相続サポートセンターでは、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。遺産分割協議書の作成や相続税申告や、不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、相続戸籍の収集や、金融機関の解約手続き、電話加入権の名義変更などの代行も可能です。

また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。内容のご相談や文案の作成はもちろん、当日の同行、必要書類の収集や、公証役場とやり取りの代行も可能です。問題のない遺言書をきちんと作成することで、相続で困る人を一人でも減らしたいという想いで活動しております。

初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です