相続税の計算に生命保険は入るのか?

Q,相続税の計算に、生命保険金は入りますか?

 

A,相続税の計算に生命保険金は入りますが、一定の非課税枠があります。

 

生命保険は、誰が保険料を支払っていたのか、被保険者は誰か、によって課税関係が異なりますが、ここでは「被相続人Aが保険料を払っていた死亡保険が、Aの死亡によってAの相続人の支払われた」という前提で記載します。

生命保険金は民法上の相続財産ではなく、受取人の固有財産ですが、特例的に相続税の課税対象となります。しかしその保険料の受取人が相続人である場合には「500万円×法定相続人数」の非課税枠があります。

例えば法定相続人が妻と長男、長女の3人、妻が受取人である生命保険金が2,000万円おりてきた場合には、受け取った2,000万円から500万円×3人(=1,500万円)を引いた500万円が、預金や不動産など他の相続財産とあわせて、相続税の対象になるということです。

生命保険は、相続税対策のほか、争族対策や相続手続き対策にも活用しやすい財産です。なごみ行政書士事務所では税理士等の各専門家と連携の上、相続対策のご相談もお受けしています。まずは下記の電話番号からご予約いただき、無料相談をご利用ください。

TEL:0586-64-9500

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です