公正証書遺言が、家庭裁判所での検認が不要である理由とは。

遺言書には、一般的に使う様式としてふたつの種類があります。ひとつは、自分で書く自筆証書遺言。もう一つは、公証役場で作成する公正証書遺言です。このうち、自筆証書遺言は、その遺言を書いた人に相続が起きた時、家庭裁判所での検認が必要となります。検認とは、遺言書の開封式のようなものだと考えてください。一方、公正証書遺言は、この検認が不要です。では、なぜこのような違いがあるのでしょうか。

検認は、その時点での遺言書の内容を記録し、以後の偽造や変造を防ぐ役割があります。自筆証書遺言は、その用紙自体が原本。その用紙以外で、遺言書の内容を証明することができません。そのため、万が一造や変造がされてしまえば、「元の状態」を証明することが非常に困難。元の状態を保存するため、相続が起きた後できるだけ速やかに、検認の手続きが必要なのです。

一方で公正証書遺言は、作成時点で公証役場に元の状態が保存されており、手元にある用紙を紛失した場合には、再発行も可能です。役所から取ってきた住民票を偽造しても、また役所へ行けば新しい住民票がもらえますよね。これと、同じだとイメージして頂くと、わかりやすいと思います。そのため、公正証書遺言は相続発生後に再度、現状を保存する必要がないのです。

このように、作成自体は自筆証書遺言の方が手軽ですが、相続発生後の手続きのスムーズさや正確さを考えると、圧倒的に公正証書遺言の方が安心です。遺言書を作成する際は、実際に使う時点のことを踏まえ、公正証書遺言での作成をお勧めします。

なごみ 相続サポートセンターでは、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。遺産分割協議書の作成や相続税申告や、不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、相続戸籍の収集や、金融機関の解約手続き、電話加入権の名義変更などの代行も可能です。

また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。内容のご相談や文案の作成はもちろん、当日の同行、必要書類の収集や、公証役場とやり取りの代行も可能です。問題のない遺言書をきちんと作成することで、相続で困る人を一人でも減らしたいという想いで活動しております。

初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です