公正証書遺言の証人の報酬はどのくらい?

公正証書遺言を作成する際には、証人2名の同席が必要です。証人には特に資格は必要ありませんが、作成する遺言書で財産をもらう人や相続人になる予定の人など、関係者は証人になれません。そうなると、少し関係の遠い人に依頼することになりますが、遺言書の内容を口外されてしまっては困るので、信頼できる人を選ぶ必要があります。

こういった相手を見つける事が困難である人も多いため、証人は外部の専門家に依頼する人も少なくありません。報酬は一律で決まっているわけではありませんが、おおむね5,000円から10,000円程度の事が多いように思います。なお、当事務所は遺言作成報酬の中に証人2名の手数料を含んでいます。遺言作成のサポートをおこなう事務所では証人の手配も行うことがほとんどですが、作成料金に含まれているのか、別料金かは事務所により異なります。遺言作成のサポートを依頼する際には、証人の手配は可能か、また別料金がかかるかどうかについても、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

なごみ 相続サポートセンターでは、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。遺産分割協議書の作成や相続税申告や、不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、相続戸籍の収集や、金融機関の解約手続き、電話加入権の名義変更などの代行も可能です。

また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。内容のご相談や文案の作成はもちろん、当日の同行、必要書類の収集や、公証役場とやり取りの代行も可能です。問題のない遺言書をきちんと作成することで、相続で困る人を一人でも減らしたいという想いで活動しております。

初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です