相続が起こると、法定相続分通りに遺産分割協議をしなければいけないのか?

相続が起きた時、遺言書がない場合には、相続人全員で話し合って、誰がどの財産をもらうのか決めることになります。相続には「法定相続分」といって、取り分が定めれています。妻が2分の1で、子が残りの2分の1を頭割りする・・など、聞いたことがあるかもしれません。では、必ずこの法定相続分通りに分けなければいけないのでしょうか。

結論は、必ずしも法定相続分通りに分割しなければいけないわけではありません。法定相続分とは、各相続人が最大限主張できる権利だと考えてください。たとえば、妻と子2名が相続人のとき、法定相続分は、妻2分の1、子はそれぞれ4分の1です。このとき、子の1人が、「自分は4分の1では足りない。2分の1は欲しい」と主張したところで、これは通りません。一方で、全員で話し合いをした結果、「今回は子二人は特にいらないので、お母さんが全部もらって良いよ」というのは、問題ないのです。つまり、相続人全員が納得さえしていれば、法定相続分は一切無視して構いません。妻が全財産をもらっても良いですし、子の1人が全財産をもらったって良いのです。

法定相続分については、「必ずこの通りに分けなければいけない」と誤解している人も少なくありません。法定相続分の性質につき、正しく知っておきましょう。

なごみ 相続サポートセンターでは、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。遺産分割協議書の作成や相続税申告や、不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、相続戸籍の収集や、金融機関の解約手続き、電話加入権の名義変更などの代行も可能です。また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。

初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です