法定相続分は、兄弟と配偶者が相続人になるときどうなるか。

相続の対策・終活を行うときや、実際に相続が起きて手続きを行う際には、まず相続の基礎である法定相続分について理解しておくことが必要です。ここでは、兄弟と配偶者が相続人になるときの、それぞれの法定相続分について解説します。

配偶者と兄弟が一緒に相続人となるのは、まず大前提として、被相続人に子供がおらず、かつ両親も既に他界している場合もです。その場合に、配偶者と兄弟姉妹が一緒に相続人となります。

この時の法定相続分は、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1です。なお、兄弟姉妹が何名かいる場合には、この4分の1を頭割りすることになります。たとえば兄弟が2名であれば、4分の1を二人で割りますので、1人あたり8分の1ということです。また、兄弟姉妹の中に、被相続人よりも先に死亡している人がいる場合には、その死亡した兄弟姉妹の子である甥や姪が代襲して相続人となります。

このように、兄弟姉妹と配偶者が一緒に相続人になる場合には、相続争いに発展するケースも少なくありません。配偶者と被相続人の兄弟姉妹では、少し関係性が遠いためです。争いにならないよう、配偶者と

兄弟姉妹が一緒に相続人になる場合には、遺言書の作成が必須と言えるでしょう。

なごみ 相続サポートセンターでは、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。遺産分割協議書の作成や相続税申告や、不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、相続戸籍の収集や、金融機関の解約手続き、電話加入権の名義変更などの代行も可能です。また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。

初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です