相続人となる配偶者には、内縁の夫や内縁の妻も含まれるのか?

終活を行う際や、相続の手続きを行う際には、誰が相続人になるかという大前提を理解しておく必要があります。ここでは、内縁の夫や内縁の妻は相続人になるのか?という点についてお伝えします。

結論を言えば、内縁の夫や妻は相続人ではありません。これは日本の法律が、婚姻という法的な関係を重視しているためです。いくら長年連れ添って、法的な夫婦と変わりない生活を送っていたとしても、現在の法律では相続人にはなれません。

もし、内縁の夫や妻に相続で財産を渡したいのであれば、遺言書を作成しておきましょう。遺言書であれば渡す相手に制限はありませんので、内縁の夫や妻にも財産を渡すことが可能です。ただし、法律上の相続人である子や、離婚に至っていない法律上の配偶者がいる場合には、遺留分に注意しましょう。

なごみ 相続サポートセンターでは、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。遺産分割協議書の作成や相続税申告や、不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、相続戸籍の収集や、金融機関の解約手続き、電話加入権の名義変更などの代行も可能です。また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。

初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です