相続人が遠方にいる場合も遺産分割協議は一同に会して行う必要があるか?

身内が亡くなり、遺言書などが特にない場合には、相続人全員で、「誰がどの財産をもらいましょうか」という話し合いをすることになります。これを、遺産分割協議と言います。では、遺産分割協議は、相続人が遠方にいる場合でも必ず一同に会して行う必要があるのでしょうか。

まず、法的には、特段一同に会す必要はありません。最近はチャットやテレビ電話などの通信手段も多様化していますので、こういったものを使い、遠隔でやり取りをすることも一つです。そのうえで、話し合いをまとめた遺産分割協議書を1通作成し、これを郵送で順番に回し押印をもらえば、これで手続きを行うことができます。

ただし、やはりご家族が亡くなったあと、その財産の話し合いはナイーブな部分を含みます。やはり、できるだけ一同に会して話し合いをした方が、スムーズかと思います。

遺産分割協議のためのみに集まるのが大変であれば、四十九日などそもそも集まる予定の日までに、財産の一覧表など、話し合いのための資料を準備しておくと良いでしょう。できればその場で押印まで至ることが望ましいですが、文書作成の時間も必要であることから、まずは口頭の合意と、手書きでも良いので簡単な議事録をまとめ、正式な遺産分割協議書は後日郵送で押印して頂く等の対応が、現実的かと思われます。

なごみ 相続サポートセンターでは、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。遺産分割協議書の作成や相続税申告や、不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、相続戸籍の収集や、金融機関の解約手続き、電話加入権の名義変更などの代行も可能です。また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。

初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です