離婚した場合、子は相続人になるのか?

相続の対策をする場合や、相続の手続きを進める際には、誰が相続人なのかを把握しておく必要があります。ここでは、離婚した場合、子は相続人になるのか?という点について、解説します。

まず、離婚をすると、夫婦の関係は終了します。そのため、離婚をした元配偶者は相続人になりません。一方、親子の関係は、離婚によって変動しません。また、原則として、親子の縁を切るということは不可能です。そのため、たとえ離婚した配偶者が親権を持ち、その後何十年も会っていないという場合であっても、子は相続人になります。なお、その子の法定相続分は、離婚しなかった場合と変わりません。

様々な事情により、離婚により長年会っていない子にあまり財産を渡したくない、ということであれば、公正証書で遺言を書いておきましょう。ただし、その場合には遺留分に注意してください。

なごみ 相続サポートセンターでは、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。遺産分割協議書の作成や相続税申告や、不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、相続戸籍の収集や、金融機関の解約手続き、電話加入権の名義変更などの代行も可能です。また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。

初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です