遺産分割協議書は、銀行など手続き先の数だけ作成する必要があるか?

相続が起きた後、遺言書がない場合には、原則として遺産分割協議書の作成が必要です。遺産分割協議書とは、「誰がどの財産をもらうか」を相続人全員で話し合い、その結果をまとめた書類だと考えてください。では、遺産分割協議書は、銀行や証券会社など手続き先の数だけ必要になるのでしょうか。

結論は、遺産分割協議書は、手続き先の数だけ作成する必要はありません。相続人全員がそれぞれ原本を保管したいということであれば、各相続人用に複数通同じ内容のものを作成することはあります。しかし、手続き先の数だけ作らなければいけないわけではないので、原則は1通のみ作成すれば良いのです。金融機関などの手続き先には、遺産分割協議書の原本を提示する必要がありますが、原本をそのまま持っていかれてしまうわけではなく、コピーを取って、原本は返してもらえるためです。相続手続きを行う際には全体の流れを知り、必要な書類を準備するようにしましょう。

なごみ 相続サポートセンターでは、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。遺産分割協議書の作成や相続税申告や、不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、相続戸籍の収集や、金融機関の解約手続き、電話加入権の名義変更などの代行も可能です。また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。

初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です