法定相続分は、配偶者と子が相続にであるときどうなるか。民法は改正される?

相続対策や終活を進めるにあたっては、まず相続の基本を知っておくことが重要です。ここでは、相続人が配偶者と子である場合の相続の取り分について解説します。

法定相続人が配偶者と子である場合には、配偶者が2分の1、残りの2分の1が子の相続分となります。子が複数いる場合には、この2分の1を頭割りすると考えてください。つまり、子が3名いれば、子1人あたりの取り分は、2分の1の3分の1で、6分の1になるということです。

ここでいう配偶者とは、婚姻関係にある相手の事をいいます。事実婚の配偶者には相続権がありませんので、事実婚の相手に財産を渡したいのであれば、遺言書を作成するなど準備をしておきましょう。

また、子には養子も含まれます。養子か実子かによって相続での取り分に差はありませんので、これもあわせて覚えておきましょう。

なお、この配偶者の法定相続分については、近く改正される可能性があります。配偶者の法定相続分を3分の2などに増やし、また住む場所がなくならないよう、自宅への居住権を確保するなどの内容で検討されています。今後の情報にも、注目しておいてください。

なごみ行政書士事務所では、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。相続税申告や不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、金融機関の解約手続きや電話加入権の名義変更などの代行も可能です。また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。

初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

One Reply to “法定相続分は、配偶者と子が相続にであるときどうなるか。民法は改正される?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です