法定相続分は、配偶者と兄弟が相続人であるとき、どうなるか。

終活について考える際には、まず相続の基礎を知っておく必要があります。ここでは、相続人が配偶者と兄弟姉妹であるときに、それぞれの法定相続分はどれだけか、とうことについて解説します。

まず、配偶者とともに兄弟姉妹が相続人になるというのは、大前提として、被相続人に子供がおらず、さらに両親もすでに他界している場合です。子や孫がいたり、両親が存命であったりすれば、兄弟姉妹は相続人になりませんので、まずはこのことを知っておきましょう。

では、配偶者と兄弟姉妹が一緒に相続人になる場合、それぞれの法定相続分はどれだけでしょうか。この場合は、配偶者が4分の3、残りの4分の1が兄弟姉妹の取り分になります。兄弟姉妹が何名かいる場合には、4分の1を、兄弟姉妹の数で頭割りします。

配偶者と兄弟姉妹は少し関係が遠いこともあり、これは争いに発展しやすいケースでもあります。あらかじめ遺言書を作成するなどして、手当しておきましょう。兄弟姉妹と遺留分については、コチラをご覧ください。

なごみ行政書士事務所では、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。相続税申告や不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、金融機関の解約手続きや電話加入権の名義変更などの代行も可能です。また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。

初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です