法定相続分は、養子がいるときどうなるのか?

相続で財産がもらえる権利である相続分は、養子がいる場合、どうなるのでしょうか。

結論は、養子であっても実子であっても、相続分に差はありません。例えば法定相続人が、実子2名と養子1名の計3名であれば、それぞれの相続分は3分の1になります。

なお、相続税における基礎控除額の計算は「3,000万円+法定相続人数×600万円」と行いますが、この場合の「法定相続人数」に参入できる養子の数は、実子がいれば1名まで、実子がいなければ2名までと決まっています。これは税金の計算上、「では養子を10人も20人も増やせば、それだけ相続税を減らせるのか」といった極端な節税を防ぐためです。

この税金上の規定と、「実際に養子が相続財産をもらえるかどうか」という点は、一切関係がありません。仮に実子が2名の人が養子を10人入れたところで、相続税の基礎控除の計算は「3,000万円+3名×600万円」なります。実子がいる以上、養子はこの計算に、1名しか参入できないためです。一方で、各養子や実子の相続分は、全員が各12分の1になる、ということです。

税金の計算の規定があるため少し難しく感じるかもしれませんが、養子であっても実子であっても、相続で財産をもらう権利には一切差がないことを、知っておきましょう。

なごみ行政書士事務所では、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。相続税申告や不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、金融機関の解約手続きや電話加入権の名義変更などの代行も可能です。また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です