法定相続分は、非嫡出子(婚外子)がいるときどうなるか?平成25年12月5日民法改正。

法定相続分は、非嫡出子がいる場合、どうなるのでしょうか。非嫡出子とは聞きなれない言葉かもしれませんが、婚外子のことだと考えてください。

まず、婚姻関係にある男女の間に生まれた子(嫡出子)と同様、非嫡出子も法定相続人です。つまり、相続で財産をもらう権利があるという点では、嫡出子と非嫡出子に違いはありません。

では、その取り分は嫡出子と非嫡出子で異なるのでしょうか。現在は、嫡出子であっても非嫡出子であっても、相続での取り分に一切差はありません。法定相続人が、嫡出子1名、非嫡出子1名の計2名であれば、単純にそれぞれ2分の1が法定相続分となります。

実は、平成25年12月5日に民法が改正されるまでは、非嫡出子の相続分は嫡出子の2分の1とされていました。先の例では、嫡出子の相続分が3分の2、非嫡出子が3分の1とされていたのです。しかし、婚姻関係にない男女の間に生まれたからと言って相続分に差をつける民法の規定はは法の下の平等を定める憲法14条1項に違反しているとして、最高裁判所で違憲判決が下されました。その結果、民法が改正されるに至ったのです。誰が相続人になるのかなど、改正点も踏まえてただしく理解しておきましょう。そのうえで、法定相続人以外の相続人に財産を渡したい場合や、法律で決まった法定相続分以外の分け方を希望する場合には、必ず公正証書遺言を作成しておいてください。

なごみ行政書士事務所では、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。相続税申告や不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、金融機関の解約手続きや電話加入権の名義変更などの代行も可能です。また、公正証書遺言の作成サポートも行っております。

初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です