法定相続分は、相続の放棄をするとどうなるのか?

相続が起きた時、最大限主張できる自分の取り分を、「法定相続分」といいます。では、相続人の一人が相続の放棄をすると、他の相続人の取り分はどのように変化するのでしょうか。

まず大前提として、相続の放棄とは、家庭裁判所で行う手続きです。単に「自分はなにもいりません」という約束を他の相続人との間でおこなうのは、「相続放棄」ではありません。相続放棄とは、最初から相続人ではなかったことにするという、とても強い手続きなのです。

では、ケース別にみていきましょう。もともと、配偶者と、子2名の計4名が法定相続人だったとします。このときもともと配偶者の取り分は2分の1、子はそれぞれ4分の1です。

このとき、子のうち一人が相続放棄をすると、最初から放棄をした子は相続人ではなかったことになります。そのため、「配偶者と、子1名が相続人だった」ことになり、配偶者の取り分は従来どおり2分の1、相続放棄をしなかった子の取り分が、2分の1に増えます。

では、子が二人とも相続放棄をした場合にはどうなるのでしょうか。この場合には、配偶者が100%の財産をもらう権利をもつわけではありません。最初から第一順位の相続人たる子供がいなかったことになりますので、配偶者と、被相続人の親が相続人になります。両親ともに健在だとすれば、配偶者の取り分は3分の2、両親は残りの3分の1をふたりで分けますので、それぞれ6分の1となります。

相続放棄を検討する際には、その結果起きる相続分の変化や、誰に相続権がうつるのかなど、しっかり把握したうえで行うようにしましょう。

なごみ行政書士事務所では、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。相続税申告や不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、金融機関の解約手続きや電話加入権の名義変更などの代行も可能です。初回の相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です