相続の第一順位と、もらえる割合について

Q,相続で財産をもらえる第一順位の相続人について教えてください。

A,第一順位の相続人は直系卑属、もらえる割合は、ケースによって異なります。

第一順位の相続人とは?

第一順位の相続人は「直系卑属(ちょっけいひぞく)」です。

直系卑属とは法律の言葉で、自分の子や孫、ひ孫など、自分よりも下の世代の人のことです。配偶者と子がいれば、配偶者と子が相続人になりますし、配偶者がおらず子がいる場合には、子のみが相続人となります。

第一順位の相続人がいれば、第二順位以降の相続人(親や、兄弟姉妹など)は、相続には関係ありません。

第一順位の相続人の法定相続分

相続でもらえる割合は、被相続人に配偶者がいれば配偶者が2分の1、残りの2分の1を子の人数で割ります。配偶者がいなければ、子の人数で頭割りします。

この「子」には、血縁関係のある親子関係のみではなく、法律上の親子関係である養子も入り、もらえる割合の計算は実子も養子も同じです。

子がすでに亡くなっている場合には、その子供である孫が代襲相続をし、孫もすでに亡くなっている場合にはひ孫が代襲します。なお第一順位の相続権は、現実的にあり得るかどうかは別として、理論上は何代でも代襲する決まりです。

養子へ行った子も相続人?

なお、非常に幼いころに特別の事情でおこなわれる特別養子縁組での養子を除き、「ヨソへ養子に行った子」も第一順位の相続人となります。また、結婚で他家に嫁いだ娘も、子であることには変わりありませんから、もちろん第一順位の相続人です。さらに、離婚した妻は相続人ではありませんが、その妻が親権をもち、もう何十年も会っていない子も、相続人です。法律上、親子関係を切ることができるケースは非常に稀であることも覚えておかれると良いでしょう。

再婚相手の連れ子は相続人?

一方で、親子同然で暮らしてきた再婚相手の連れ子は、その子自身と養子縁組をしていなければ、相続人にはなりません。

自分の財産を渡したい相手が相続人かどうかを確認したうえで、「相続人だけど渡したくない人」や「相続人ではないけど渡したい人」がいる場合には、生前贈与や遺言書などでしっかりと対策をしておきましょう。

なごみ行政書士事務所では、各士業と連携の上、相続対策や相続が起きた後のご相談をお受けしております。相談をご希望の方は、下記よりご連絡ください。

 

ご相談をご希望の方へ

なごみ相続サポートセンターでは、初回無料にてご相談をお受けしております。

出張無料の地域もございますので、まずはお気軽にお問合せくださいませ。

無料相談のご予約・相談についてのお問合せ専用

TEL:0562-38-5505

※営業時間は平日9:00~18:00ですが、左記時間外のお電話が難しい場合には、時間外も可能な限り対応致します。

※ご相談は、土日など上記時間外の対応も可能です。

※恐れ入りますが、お電話のみでのご相談はお受けしておりません。あらかじめご了承ください。

※ご相談対応中など、お電話に出られない場合がございます。その場合にはこちらから折り返しいたしますので、必ず番号を通知してお掛けくださいませ。

なごみ相続サポートセンターのサービス詳細

当センターのサポートメニューなどの詳細は、下記ページをご覧ください。

■遺言書など、生前のお手伝い

■お身内に相続が起きた後のお手伝い

■おひとり様女性の方のためのサポートメニュー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です