相続に関する税金の申告期限はいつまでか?

相続が発生すると、一定の場合には税金の申告が必要になります。相続が起きた後に行うべき税務申告は次の二つです。それぞれ期限を知っておきましょう。

1、準確定申告・・相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内

2、相続税申告・・相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月以内

これらはいずれも、すべての人が必要なわけではありません。準確定申告は、不動産所得や事業所得など一定の所得があった人や、医療費控除などの特例を受けたい場合に申告が必要です。また、相続税申告は故人の財産総額が相続税の基礎控除額超える場合にのみ必要となります。

相続手続きの全体の流れをつかむため、まずは申告が必要かどうかの確認から進めましょう。

なごみ相続サポートセンターでは、税理士などの専門家と提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。初回のご相談は無料ですので、まずはお電話(TEL:0586-64-9500)にて、相談日時をご予約ください。状況を整理し、必要な手続きとスケジュールを確認しましょう。また、ご依頼をご検討頂ける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です