相続で受け取った退職金は、相続税の対象となるか。

定年を迎える以前、会社に勤めている中で相続が発生した場合には、会社から死亡に伴う退職金が支給されることがあります。では、ここで遺族に支給された退職金は、相続税の対象になるのでしょうか。

結論は、原則として相続税の対象になります。ただし、受け取った退職金には非課税枠が設けられており、受け取った退職金から「500万円×法定相続人の数」を控除した金額に対してのみ、相続税が課税されます。なお、生命保険にも同様の非課税枠がありますが、この非課税枠は生命保険とは全く別枠で利用可能です。

なお、相続税の対象となるのは被相続人の死亡後3年以内に支給が確定したものに限ります。死亡後3年を超えてから支給されたものは、受け取った遺族自身の一時所得となり、所得税の対象です。

 

なごみ行政書士事務所では、税理士や司法書士などの提携の上、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。相続税申告や不動産の名義変更といった専門的な手続きのほか、金融機関の解約手続きや電話加入権の名義変更などの代行も可能です。初回の相談は無料ですので、まずは電話で相談日時をご予約の上、お気軽にご相談ください。ご依頼をご検討いただける場合には、必ずあらかじめ、見積もりを提示いたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です