相続の手続きで使う印鑑証明書の期限は何か月?

相続が起きた後、故人名義の口座の解約や証券口座の名義変更、不動産の名義変更など、さまざまな手続きに、相続人の印鑑証明書が必要になります。では、この印鑑証明書の期限は、どのくらいでしょうか。

実は、手続き先によって異なるというのが結論ですが、一般的には、3カ月又は6カ月以内とされていることがほとんどです。実際に手続きをする際は、各銀行など手続き先に確認すべきですが、3カ月を目安に準備を進めれば、おおよそ問題ないでしょう。

特に遠方の相続人がいる場合には、書類のやり取りも大変です。せっかく取得した印鑑証明の再取得が必要とならないよう、あらかじめ段取りをして手続きを進めていきましょう。

なごみ相続サポートセンターでは、相続が起きた後の手続きの代行を行っています。司法書士など各専門家と提携の上、不動産の名義変更などの専門的な手続きから、故人の金融機関の解約や電話加入権の名義変更まで、ご依頼いただくことも可能です。初回のご相談は無料ですので、まずはお電話にて相談日時をご予約ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です