相続における生命保険は、受取人以外に分けても良いか?

相続が原因で、死亡保険金を受け取った際、受け取った人が他の相続人に、保険金を分けて良いのでしょうか。少し極端な例ですが、預貯金や不動産などの相続財産がゼロ、配偶者が受取人の生命保険金が2,000万円という場合。このような場合には、配偶者は、「自分だけたくさんお金をもらうのは申し訳ないので、ここから子ども2人に500万円ずつ渡そう」と思うかもしれません。しかし、これは危険です。

実は、受取人の指定された生命保険金は、相続財産ではなく、受取人固有の財産なのです。先の例では、2,000万円の生命保険金は、最初から配偶者のもの、ということです。この性質があるため、生命保険は争続対策などへの使い勝手は良いのですが、一方で受取人から他の相続人に分けることはできません。仮に配偶者が、子に各500万円を渡したら、自分のお金を500万円ずつ贈与したことと同じだとして、贈与税の対象になるのです。

ただし、この例は生命保険以外の相続財産が一切ないという前提の、極端な事例です。実際の相続では、生命保険のほか、預貯金があることがほとんどです。そのため、もし他の相続人に財産を渡したいのであれば、「私は生命保険を多くもらったから、他の財産は私以外の相続人で分けてね。」という調整ができます。生命保険は受取人自身の財産だということを知ったうえで、他の相続人への分配は他の相続財産とのバランスを考慮し、慎重におこなうようにしましょう。

なごみ相続サポートセンターでは、税理士などの専門家と連携の上、相続が起きた後の手続きをサポートしています。初回の相談は無料ですので、まずはお電話にて相談日時をご予約下さい。相続手続きをスムーズにすすめるためには、ご自身の状況にあった相続のポイントを押さえておくことが、重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です