子が相続人である場合の、遺留分の割合は?

遺留分とは、相続人に最低限保証された相続分のことです。仮に被相続人が「全財産を他人に相続させる」という遺言書を残したところで、一定の相続人には遺留分があるため、「自分の遺留分に該当する分は、返してください」と言えるということです。

遺留分は、誰が相続人かによって割合が異なります。では、相続人が子供のみである場合の遺留分は、どれだけなのでしょうか。

相続人が子のみである場合の遺留分の割合は、「本来の相続分の2の1です。つまり、もともと子が1人のみであれば、本来の相続分は、相続財産のすべてです。この2分の1、すなわち相続財産全体の2分の1が、遺留分になります。また、子が2名であれば、本来の相続分はそれぞれ2分の1です。遺留分はこの2分の1なので、それぞれ相続財産の4分の1が遺留分、ということになります。

遺言書を作成する場合には、相続人の状況により遺留分の額を知った上で作成しましょう。遺留分を侵害した遺言書が無効ということではありませんが、後々「遺留分を返して」という請求(遺留分減殺請求、と言います。)をされるくらいであれば、最初から遺留分該当分は残した内容で遺言書を作成するというのも、一つの考え方です。

なごみ行政書士事務所では、公正証書遺言の作成をサポートしています。初回の相談は無料です。まずはお電話にて、相談日時をご予約下さい。

One Reply to “子が相続人である場合の、遺留分の割合は?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です