相続で、他人に財産を渡す方法とは?

相続が起きると、被相続人の持っていた財産は相続人にわたることになります。そしてその財産は、原則として相続人以外に渡ることはありません。相続人が一旦相続でもらった財産を、たとえ故人の遺志であっても別の人に渡したりすれば、「一旦財産を相続した人から、渡した相手への贈与」として、贈与税の対象になるためです。では、相続人ではない人に財産を渡すためには、どうしたら良いのでしょうか。

相続人ではない人へ財産を渡す方法は、大きく分けて二つです。一つは、元気なうちに贈与をすること。そしてもう一つは、遺言書を記載することです。

遺言書が書いておけば、相続人かどうか、家族かどうかを問わず、自分が望む相手に財産を渡す事が可能です。(※遺留分には注意しましょう。)しかし、自筆証書遺言であれば、他人に財産が渡ることを良く思わない家族が隠匿する危険性もありますし、また記載方法に問題があれば無効となる危険性も高まります。そのため、相続人以外に財産を渡す場合の遺言書は、かならず公正証書で作成しましょう。

また、遺言書にはその内容を実行する責任者が必要です。他人に財産を渡す内容の遺言書を作成する場合には、必ず「遺言執行者」を選任しておいてください。

なごみ行書士事務所では、想いを実現するための公正証書遺言の作成をサポートしております。遺言書は、一つ間違えると、トラブルの原因にもなりかねませんので、必ず相続が起きた後の手続きに詳しい専門家に依頼してください。初回のご相談は無料です。まずはお電話にてご来所頂く日時をご予約ください。

なごみ行政書士事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です