相続の手続きで生まれてからの戸籍がすべて必要な理由とは?

身内がなくなり、相続手続きを行おうとしたとき、多くの人が最初に躓く壁があります。それは、「被相続人の出生までさかのぼる戸籍や除籍の取得」です。

これは、不動産の名義変更はもちろんのこと、故人名義の預貯金の解約、証券口座の名義変更、車の名義変更など、あらゆる手続きで必要になる、いわば「相続手続きの基本書類」のひとつなのです。

出生までさかのぼる戸籍を集めるのは、非常に大変です。転籍をしていればその前の市区町村役場から取り寄せる必要がありますし、また昔の戸籍は手書きであり、文字の読みづらいものも珍しくないためです。では、相続手続きの際に、なぜ最後の戸籍だけではなく、出生までさかのぼる戸籍が必要なのでしょうか。

相続手続きを行う際には、相続人全員が「誰がどの財産をもらうか」という話し合いが必要です。これを「遺産分割協議」といいます。遺産分割協議は、相続人全員が参加していなければ無効です。

この「相続人全員」が参加したかどうかの証明のため、まずは「相続人全員とは、誰の事か」を証明する必要があります。このために、出生までさかのぼる戸籍謄本や原戸籍謄本が必要なのです。

戸籍謄本はその性質上、原則として「除籍や改正前に抜けた人は、新しい戸籍には載ってこない」ことになっています。つまり、被相続人の転籍どで戸籍が新しくなる前に、すでに結婚をして別の戸籍をつくった子は、その時点で被相続人の戸籍からは抜けています。このように戸籍からすでに抜けた人は、たとえ被相続人の子であっても、最新戸籍には転記されてこないのです。

相続人は、第一順位が子ですので、まずは「被相続人に子がいたかどうか。いたとしたら誰か。」の確認が必要です。しかし前述の事情から、最新の戸籍謄本だけでは子供を見落としてしまうことにななりかねません。そのため必ず、「被相続人の出生までさかのぼる戸籍や除籍、原戸籍」が、相続手続きには欠かせないのです。

なごみ行政書士事務所では、全国対応で、相続戸籍の収集代行を行っております。ご希望のかたは「なごみ相続戸籍収集代行センター」のHPをご覧いただくか、TEL:0586-64-9500までお電話ください。まずは戸籍を集め、相続手続きのスタートラインに立ちましょう。

0 Replies to “相続の手続きで生まれてからの戸籍がすべて必要な理由とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です