相続で受け取った生命保険はいくらまで非課税?

「相続のとき、生命保険で受け取ったお金には税金がかからない!?」そんな話を聞いたことがあるかもしれません。確かに、相続に伴い、亡くなった人が保険料を支払っていた生命保険契約に基づいて支払われたお金には、一定額まで相続税がかからないことになっています。では、いくらまで非課税になるのでしょうか。

正解は、「500万円×法定相続人の数」です。仮に、法定相続人が妻と子2名の計3名だとすれば、500万円×3名で1,500万円が非課税枠ということになります。ちなみにこの1,500万円は、子は受取人にせず妻が1,500万円の保険を受け取ったような場合、妻のみで1,500万円すべての非課税枠を使えることになります。「ひとり500万円」というわけではなく、相続人の誰が使っても計1,500万円、という考え方なので、知っておきましょう。

なごみ相続サポートセンターでは、税理士と連携の上、相続発生後の手続きをトータルでサポートしております。ご来所による初回の相談は無料です。まずはTEL:0586-64-9500から、ご予約ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です