遺言書で、妻や夫に相続させないと記載することは可能か?

夫や妻といった配偶者は、相続が起きたとき、常に相続人になります。原則として、長年別居していようと、離婚協議中であろうと、同じです。様々な事情で夫や妻には、一切財産を渡したくない、と思う事もあるでしょう。では、遺言書で、夫や妻に一切相続させない、と記載することは可能なのでしょうか。

実は、「このような遺言書を書くことは可能だが、実際に一切財産を渡さないというのは、難しい」というのが結論です。これは、どのような遺言書を書いたところで、配偶者には「遺留分」という最低限保証された取り分があるためです。

例えば、遺言書で、全財産をお世話になった第三者に遺贈する、と記載することは可能です。その後、相続が発生すると、実際にその第三者が、全財産を受け取ることになります。しかし、配偶者から、第三者に対して、「自分の遺留分を侵害しているので、その分は返してくれ」という請求がなされる可能性がある、ということです。この請求を、「遺留分減殺請求」と言います。

そのため、籍が入っている状態のまま、妻や夫に一切財産を渡さないということは困難です。一切渡したくないのであれば、生前に離婚を成立させておきましょう。

■相続・遺言に関する無料メールマガジン→http://goo.gl/ZCBkUj

■公正証書遺言作成サポート(愛知県近郊)→http://goo.gl/Jo2QSX

■メールでの遺言書チェックサービス(全国対応)→https://goo.gl/6HMU1n

■相続が起きた後のサポート→http://ii-souzoku.com

■講演・執筆等のご依頼→https://goo.gl/S7vsSJ

※各サービスの詳細は、リンク先をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です