遺言書は、遺書とはまったく違うものです。

皆さんは、「遺言書」と聞いて、どう感じるでしょうか。「縁起でもない!」と感じられた方は、もしかしたら、「遺言書」と「遺書」を混同しているのかもしれません。字面が非常に似ているため、気持ちはわかります。しかし、遺言書と遺書は、まったく異なるものです。では、どのように違うのでしょうか。

「遺書」は、自殺をする方や、死期の近い方が記載するものです。「先立つ不孝を、お許しください。」というイメージでしょうか。どうしても、この世を見限った死であったり、若すぎる死であったり・・といった、ネガティブで悲しいイメージがあると思います。

一方、「遺言書」は、これから先も元気に生きていく人のための、人生の仮決算であり、大切な家族へのラブレターです。人間だれしも、寿命の約束などありません。いつ、何があるかなど、誰にも予想できないことなのです。その万が一の事態に備え、残された家族が困らないように、しっかりと法的な整備を行い、対策をしておく。この愛情の証が、遺言書です。遺言書は決して、自分のために書くのではありません。残される家族への、想いのつまった書類なのです。

そのため、遺言書は決して、縁起が悪いものでも、ネガティブなものでもありません。この先も、一つ不安を解消し、元気に生きていくために作成するものです。私がこれまで遺言書の作成サポートをしてきた方はみなさん、「縁起が悪い」どころか、遺言書の作成後、「ひとつ、肩の荷が下りた気がする」と、ますます元気になられます。

遺言書と遺書はまったく違うものだと知っていただいた上で、早いうちから、遺言書の作成を検討しておきましょう。

 

■相続・遺言に関する無料メールマガジン→http://goo.gl/ZCBkUj

■公正証書遺言作成サポート(愛知県近郊)→http://goo.gl/Jo2QSX

■メールでの遺言書チェックサービス(全国対応)→https://goo.gl/6HMU1n

■相続が起きた後のサポート→http://ii-souzoku.com

■講演・執筆等のご依頼→https://goo.gl/S7vsSJ

※各サービスの詳細は、リンク先をご覧ください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です