相続税の基礎控除額は、平成27年の改正でどう変わったか?

Q,相続税の基礎控除額が平成27年の改正で大きく変わったと聞きましたが、どう変わったのですか?

 

A,基礎控除額が大きく減額されました。

(基礎控除額)

平成26年12月31日までに起きた相続

・・5,000万円+法定相続人数×1,000万円

平成27年1月1日以降に起きた相続

・・3,000万円+法定相続人数×600万円

基礎控除が減ったということは、相続税がかかる対象の金額が増えたということですので、増税です。これにより、相続税がかかる人が増えました。

しかし依然として相続税がかかる人の割合はそれほど多いわけではなく、改正前で相続全体の4%前後、改正後であっても全体の6%前後という統計が出ています。相続税対策ももちろん重要ですが、相続税がかからない場合であっても、家族がもめる争族対策や、相続が起きた後口座にお金はあるのに使えないといった相続手続き対策など、トータルで対策をする必要があります。

なごみ行政書士事務所では、税理士等の専門家と提携の上、相続対策に関してのサポートを行っております。まずは下記電話番号からご予約の上、相談をご利用ください。

TEL:0586-64-9500

相続税の計算の概要については、国税庁のHPをご参照ください。

cropped-201605011118001.jpg

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です