遺言書を一旦作成しても、あとから内容を変更する方法とは?

遺言書は一回作れば、それで終わり。財産が確定するまで、作成できない・・。そう思っている人も、少なくないようです。しかし、実は遺言書は何度でも書き直しが可能です。では、遺言書の内容を変更したい場合には、どうすれば良いのでしょうか。

遺言書は、2通以上が発見された場合、原則として新しいものが、古いものに優先します。例えば、2015年1月1日の日付の「自宅土地建物は長男に相続させる」という内容の遺言書と、2016年1月1日の日付の「自宅土地建物は二男に相続させる」という内容の遺言書があった場合、自宅土地建物を相続するのは、二男だということです。そのため、最新の意思に基づいて、新たに遺言書を作成すれば良いこととなります。

このとき、家族の混乱を防ぐため、新しい遺言書ができた時点で、古い遺言書を破棄すると良いでしょう。

なお、遺言書の撤回は法律上、仮に最初の遺言を公正証書遺言で作った場合であっても、自筆証書遺言での撤回も可能です。しかし、やはり自筆証書遺言は、書き方に問題があったり、検討すべき事項が漏れてしまう危険性もあります。費用を節約したい気持ちはわかりますが、後のトラブルや、意思とは異なる状況となることを防ぐため、やはり公正証書遺言の撤回は、公正証書遺言で行う方が圧倒的に確実です。

このように、遺言書は一度作成しても、その後、状況や意思が変わった際に変更することができます。また、最初から意思が変わる可能性が高いとわかっているのであれば、遺言書を書くときに工夫をすることで、再度遺言書を作成せずとも、変更する方法もあります。遺言書を作る際や修正する際は、相続が起きた後の手続きに詳しい専門家と一緒に行うと確実でしょう。

■相続・遺言に関する無料メールマガジン→http://goo.gl/ZCBkUj

■公正証書遺言作成サポート(愛知県近郊)→http://goo.gl/Jo2QSX

■メールでの遺言書チェックサービス(全国対応)→https://goo.gl/6HMU1n

■相続が起きた後のサポート→http://ii-souzoku.com

■講演・執筆等のご依頼→https://goo.gl/S7vsSJ

※各サービスの詳細は、リンク先をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です