相続の手続きに使う住民票には本籍地の記載が必要か?

Q,相続の手続きで住民票や除票が必要と言われましたが、その住民票には、本籍地の記載が必要でしょうか。

 

A,相続の手続きで使う際の住民票や除票は、原則として「本籍地」と「続柄」の記載があるものが必要です。

相続の手続きで住民票や除票が必要な理由から考えてみると、わかりやすいと思います。相続手続きでは大切な書類に印鑑を押すので、その印鑑が本人のものであることの証明のための「印鑑証明書」、そして遺産分割協議に参加した人が相続人の全員で、ほかに相続人はいませんよという証明のための「戸籍謄本や除籍謄本」などが必要です。印鑑証明書には、住所は載っていますが、本籍地は載っていません。一方で戸籍謄本には本籍地は載っていますが、住所は載っていません。

もし住民票が、相続人の住所の証明のためのみに必要ということであれば、印鑑証明書に住所の記載がありこれは住民票の住所と同じであるため、わざわざ住民票をつける必要はないはずです。そうではなく、「印鑑証明書」と「本籍地」が同一人物のものであることの証明のため、この二つの書類をつな役割として、住民票を提出するのです。そのため相続手続きで住民票を使う際には必ず、本籍地の記載があるものが必要なのです。

なごみ行政書士事務所では、相続が起きた後の手続きをトータルでサポートしております。相続手続きに必要な戸籍謄本、除籍謄本等の収集の代行も可能ですので、まずは下記の電話番号よりご連絡ください。必ずご依頼前に、お見積りを提示いたします。

TEL:0586-64-9500

なごみ行政書士事務所

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です