遺言書に記載する日付、「吉日」の表記ではなぜ無効になるのか?

遺言書を書く際の要件として、日付の表記は必須です。そのため、日付の特定ができない「吉日」などの記載では、遺言書としての要件を満たさないこととなり、その遺言書自体が無効となってしまいます。では、なぜ遺言書の中で、日付がそれほど重要視されるのでしょうか。これには、主に二つの理由があると考えます。

一つは、遺言書の前後を判断する、重要な基準となるためです。遺言書は、一度書いても、何度でも書き換えが可能であり、原則として後の日付のものが、前の日付のものに優先します。たとえば、2016年8月1日の日付の記載がある、「自宅の土地建物は二男に相続させる」という遺言書と、2016年8月25日の日付の記載がある「自宅の土地建物は長男に相続させる」という遺言書があった場合、自宅土地建物を相続によって受け取るのは、後の日付の遺言書に記載のある長男、ということです。この前後の判断のため、日付は遺言書にとって、非常に重要なのです。

もう一つは、本人が本人の意思で書いたのかどうかの判断材料となるためです。仮にその遺言書の日付が、本人が認知症と診断された後のものであるような場合には、その遺言書は本当に本人の意思と言えるのか、疑問が残ります。その他にも自筆証書遺言は、本当に本人が書いたのか、本人の意思なのか、という点はしばしば問題になるため、その判断材料として、日付は非常に重要なのです。

こういった事を知った上で、ご自身で遺言書を作られる際には、日付などについても漏れのないよう、しっかりと記載するようにしましょう。

また、日付をしっかり記載していたとしても自筆証書遺言である以上、「本人が、本人の意思で書いたのか」という点は、しばしば争いのもとになります。実際に本人が書いたものだとするのであれば、筆跡鑑定等を行えば判明するでしょうが、そういった証明はすぐにできるものではなく、その間相続手続きが進められないこととなってしまいます。残されたご家族の安心のため、自筆証書ではなく、公正証書遺言で作成することも、一つ検討されると良いでしょう。

 

■相続・遺言に関する無料メールマガジン→http://goo.gl/ZCBkUj

■公正証書遺言作成サポート(愛知県近郊)→http://goo.gl/Jo2QSX

■メールでの遺言書チェックサービス(全国対応)→https://goo.gl/6HMU1n

■相続が起きた後のサポート→http://ii-souzoku.com

■講演・執筆等のご依頼→https://goo.gl/S7vsSJ

※各サービスの詳細は、リンク先をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です