遺言書は、開封時の事を想定して作成すべきである理由。

遺言書を作成するときは、今現在のことだけを想定して作成するのではなく、ぜひ、開封時のことをイメージして、作成していただきたいと思います。これはなぜでしょうか。

その理由は、遺言書を開けるタイミングにあります。遺言書をあけるのは、通常、遺言書を書いた人に相続が起きてしまったあと。つまり、遺言書を開けるときというのは、本人はもう、この世にはいないのです。

その状態で、例えば恨みや怒りなど、マイナスの感情の内容を書き残したら、どうでしょうか。残された側は、例えば誤解があったとしても、誤解を解くことはできない。謝ろうにも、謝れない。とにかく、解消しようのない後悔を、抱えることになるのです。

また、特にマイナスのことを書かなかったとしても、想いを何も記載しない遺言書も、少し考えものです。相続で財産を分け与えるというのは、他人同士でお金を分けるのとは異なり、「まったくの平等」などという状態は存在しません。これは、財産が現金のみではないこと、そして、相続人との関係性がそれぞれ異なることが理由です。

例えば、何の想いの記載もなく、「長男には、評価額3,000万円の自宅不動産を相続させる、二男には500万円の預金を相続させる」と記載したら、どう感じるでしょうか。

実はこれ、感じ方は人それぞれ。もちろん残した側としては、残される側の幸せを思って遺言書を残したはずです。

しかし、長男からすれば、「なぜ自分は、換金できない自宅だけで、お金はすべて二男なのか」と不満に思うかもしれません。一方二男からすれば、表面上の金額だけ見て、不公平だと不満に思う可能性もあるのです。家族間の感情は非常に複雑で、特に相続が起きた後は、皆、少なからずストレスを受けます。その状態で、無機質な文面だけ見てしまっては、どのような感情になるか、予測できないのです。

せっかく残した遺言書で、わだかまりを残してしまわないためにも、遺言書はぜひ、「開封時」のことを想定して、作成しましょう。今はお元気なので、感謝の想いなどを遺言書の中に書くのは、気恥ずかしいかもしれません。でも、遺言書は、あなたの想いを伝える、最後のチャンスなのです。ぜひ、残される家族のため、開封時のことを想定した、想いのこもった遺言書を作成していただきたいと思います。

 

■公正証書遺言作成サポート(愛知県近郊)→http://goo.gl/Jo2QSX

■メールでの遺言書チェックサービス(全国対応)→https://goo.gl/6HMU1n

■相続が起きた後のサポート→http://ii-souzoku.com

■相続・遺言に関する無料メールマガジン→http://goo.gl/ZCBkUj

※各サービスの詳細は、リンク先をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です