死亡後、銀行口座はいつ凍結されるのか?

Q,相続が起きた後、銀行口座はいつ凍結されるのですか?

 

A,銀行側が、相続が起きたことを知った時点で凍結されます。

 

では銀行側が相続発生を知るのは、どのタイミングでしょうか。これは一概にはいえませんが、一般的にはご遺族の方が銀行に直接死亡の旨を伝えたときです。ただ地域や金融機関によっては、お葬儀の看板や新聞の弔辞欄等を見て凍結する、という場合もあるようです。

なお、役所へ死亡届を出したらその通知が金融機関に行き凍結される、という噂もあるようですが、現在は死亡届と銀行は連動していません。ただし今後のマイナンバーの活用によっては、将来的な連動の可能性はゼロではないでしょう。

なごみ行政書士事務所では、相続が起きた後の手続きの代行サポートを行っております。また司法書士や税理士など各専門家との提携がありますので、トータルでのお手伝いが可能です。まずは下記の電話番号からご連絡いただき、無料相談をご利用ください。ご依頼の前には必ず、お見積りを提示いたします。

TEL:05886-64-9500

なごみ行政書士事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です