相続の放棄をしたら、相続の権利は代襲しますか?

Q,相続の放棄をしたら、相続の権利は代襲しますか?

 

A,相続放棄をしても、相続の権利は代襲しません。

例えばAさんに相続が起きたとき、そのAの長男Bがすでに死亡していると、Bが生きていたら持っていたはずの相続の権利は、Bの子供(Aから見たら孫)に移ります。これを「代襲相続」といいます。

一方で相続放棄は、放棄をしたことで「最初から相続人ではなかった」ことになるため、Aの長男Bが放棄をしても、Bの子供に権利が移ることはありません。

しかし、Aの第一順位の相続人が全員相続放棄をすると、Aには最初から第一順位の相続人がいなかったことになるため、第二順位(Aの父、母など)、第三順位の相続人(兄弟姉妹など)へ、順に権利がうつります。

相続放棄をする、ということは、プラスの財産よりもマイナスの財産が多い場合がほとんどでしょう。第一順位の相続人が相続放棄をすると、相続放棄がなければAの相続には関係がなかったはずのAの両親や兄弟姉妹がいきなり借金を背負うことになりますので、相続放棄を検討する際はあらかじめ、後順位の相続人にも状況を伝え、話し合いをしておくことが大切です。

 

なごみ行政書士事務所では、弁護士、税理士、司法書士等各士業と提携の上、相続のお困りごとをトータルでサポートしております。

初回の相談は無料、手続きご依頼前には必ず見積もりを提示していますので、まずはお電話にてご予約ください。

TEL:0586-64-9500

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です