遺言書失敗例。貸金庫に入れた遺言書。

遺言書を作成する際は、その保管場所にも注意が必要です。実は、大切なものを保管することに適した貸金庫ですが、遺言書の保管だけはお勧めできません。それは、なぜでしょうか。

相続が起きたことを金融機関が知ると、いくらご家族であっても、その口座からお金を引き出すことはできなくなります。しかし、内容に問題のない遺言書があれば、正当な権利をもった相続人や遺言執行者が、単独で手続きを行い、預金を引き出すことが可能です。

そして、これは、貸金庫でも同じです。貸金庫は、本人が亡くなると、いくらご家族であっても、勝手に貸金庫を開けたり中の物を持ち出すことはできなくなります。しかし、内容に問題のない遺言書があれば、正当な権利をもった相続人や遺言執行者が、貸金庫を開けることが可能です。

では、もし貸金庫の中に遺言書をしまっていたら、どうなるのでしょうか。まるで金庫の中に金庫の鍵をしまったような状態になるのです。遺言書を取り出すために、わざわざ相続人全員の押印もしくは立会いが必要になってしまい、協力してくれない相続人がいた場合には非常に厄介です。

遺言書をつくる際は、その内容はもちろん、作成後の保管場所にも注意しておきましょう。なお、公正証書遺言であれば公証役場で再発行できますので、もし貸金庫にしまっても、それほど大きな問題にはなりません。こういった意味でも、公正証書遺言は安心ですね。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。yamada

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です