遺言書失敗例。自筆証書遺言で、偽造が疑われたケース。

私は、このブログでもセミナーでも著書の中でも常に、遺言書を書くなら自分で書く自筆証書遺言ではなく、公正証書遺言でつくるべきだとお伝えしています。

これは、単に、自筆証書遺言は「間違いやすいから」といった単純な理由だけではありません。

私が自筆証書遺言をおすすめしない理由の一つに、「偽造が疑われた場合、証明が難しいから」という点があります。自筆証書遺言は公証人など公的な人の前で書くものではなく、いわば「自分で、勝手に」つくるものです。

そのため、仮にその内容に納得の行かない相続人が「これは本人の字じゃない!偽造だ!」と言い始めたとき、その証明は困難なのです。もちろん、筆跡鑑定等をすれば結論は出るでしょうが、1日2日で解決する問題ではありません。その間、相続手続きを進めることはできないのです。

また、実際に偽造されたり、捨てられてしまったりする危険性も否定できません。

せっかく家族のためを思い遺言書を書くのであれば、中途半端に自筆で作成して問題や疑念を残すのではなく、

やはり本人が本人の意思で作成したことについてほぼ疑いの余地のがなく、またいくら偽造されたり捨てられても公証役場に原本が保管される公正証書遺言で作られることを、強くお勧めします。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。yamada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です