遺言書失敗例。争いのもとになったケース。

「遺言書を書けば、相続争いを防げる」。そう、思っているかたも少なくないのではないでしょうか。

しかし、問題のない遺言書をつくるのは、実はそれほど簡単なものではありません。確かに、記載内容や方法が適切で、様々な状況の検討がしっかりされている遺言書であれば、相続争いの予防に大きく寄与します。しかし、その遺言書の内容によっては、争いのもとになってしまうケースもあるのです。

では、例えばどのような遺言書が、争いのモトになるのでしょうか。

いつくかありますが、例えば、「割合のみで財産の分け方を指定した遺言書」が挙げられます。例えば、「私の全財産の3分の2を長男に、3分の1を二男に相続させる」というような書き方です。このような記載は、実は法律上無効、というわけではありません。しかし、実際の手続きを考えると、大きな欠陥があるのです。

実はこういった書き方の遺言書は、相続が起きて実際に財産をわけるとき、相続人同士(この例では長男と二男)の話し合いを、免れません。相続財産が仮に「現金3,000万円」のみであれば、特段話し合うまでもなく、遺言書にしたがって、長男が2,000万円をもらい、二男が1,000万円をもらえば良いでしょう。

しかし現実的にはこのようなケースは稀で、相続財産には、自宅不動産があったり、預金口座が何か所かにあったり、自動車があったり・・と、いくつかの種類があることがほとんどです。

先述の内容の遺言書の場合には、「では、具体的に長男はどの財産をもらい、二男はどの財産をもらうのか」を、話し合って決めなければなりません。この話し合いは、「遺産分割協議」です。せっかく遺言書を作ったにも関わらず、遺産分割協議が必要では、なんのために遺言書を作ったのか、わからない事態になってしまいますね。

更に、本来、長男と二男ふたりだけが相続人なら、長男、二男の法定相続分はそれぞれ2分の1だったはずです。これを一方的に減らされてしまった二男は、面白くないでしょう。その結果、遺産分割協議をボイコットしたり、長男が困りそうな財産を欲しいと言ったりと、遺産分割協議に否定的な態度を取られてしまう可能性もあります。

適切な遺言書は、相続争いを防ぐためにとても効果的です。一方で、「遺言書があれば何でも良い」わけではなく、その内容をひとつ間違えると争いのもとにもなりかねない事を、知っておきましょう。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。yamada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です