遺言書を作った後で、遺言書に書いた財産を贈与したらどうなるか。

遺言書を作ったからと言って、遺言書に記載した財産を動かせなくなるわけではありません。ご自身の財産ですから、使おうが売却しようが誰かにあげようが、これは引き続き自由です。

では、例えば、遺言書に記載した財産を、生前に贈与をした場合、どうなるのでしょうか。

まず、贈与自体は可能です。遺言書に書いたからと言って、何らの制限を受けるものでもありません。遺言書に書いた財産を生前に贈与した場合には、その財産についての記載が撤回されたとみなされるだけです。

ただし、渡す相手によっては注意が必要です。仮に遺言書で「長男に相続させる」と書いた財産を生前に長男に贈与する分には、何ら問題は起きないでしょう。

問題が起きるとしたら、「長男に相続させる」と書いた財産のうち大半を占めるような財産を、長男ではなく、二男など他の相続人等に贈与をした場合です。

繰り返しますが、贈与自体はできます。ただ、贈与によりそれぞれの相続人に最低限保証されている「遺留分(いりゅうぶん)」を侵害する可能性があり、もし贈与の結果長男の遺留分を侵害する場合には、実際に相続が起きた際に、長男から多額の贈与を受けた二男に対して遺留分減殺請求がなされる可能性があります。そうすると、当初想定したいたように財産が分けられない可能性があり、トラブルのもとになります。

遺言書を書いたあとで財産の贈与をすること自体は自由ですが、その結果、作成した遺言書に影響を与える可能性がありますので、遺言書作成後に多額の贈与をする場合には、思わぬトラブルのもとにしないために、あらかじめ専門家に相談されることをお勧めします。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

士業間の連携は、相続のサポートをしている事務所ではある種当然と言えますが、当センターではお客様のお困りごとを信頼できるメンバーで総合的に解決するため、弁護士や税理士、司法書士等各専門士業のほか、家屋の解体や骨董品鑑定、遺品整理、不動産業者等各分野の専門家と連携しております。お困りの際は、ぜひご相談ください。
なお、各サポートはご依頼前に必ずお見積りを提示いたしますので、ご安心ください。

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です