遺言書を作った後で、内容を変更したくなったらどうするか。

遺言書は、万が一のことが起きる前に、できるだけ早い段階で作成されることをお勧めしています。では、早い段階で遺言書を作成したものの、その後状況が変わり、内容を変更したくなった場合にはどうしたら良いのでしょうか。

まず大前提として、遺言書は、何度でも作り直すことが可能です。これは、公正証書遺言であっても自筆証書遺言であっても同じです。内容が矛盾する遺言書が二通以上出てきた場合には、日付の新しいものが優先されます。

作り直す方法は、法令上は、自筆証書遺言を自筆証書遺言で撤回することも、自筆証書遺言を公正証書遺言で撤回することも、公正証書遺言を自筆証書遺言で撤回することも、公正証書遺言を公正証書遺言で撤回することも可能です。しかし、現実的には公正証書遺言の後に内容が矛盾する自筆証書遺言を作った場合、自筆証書遺言の書き方に問題があり思ったように撤回できていない場合や、残されたご家族の間で、「この自筆証書遺言は本当に本人が書いたのか」など、トラブルのもとになることも否定できません。そのため、公正証書遺言を撤回する際には、公正証書遺言を作成することをお勧めします。

なお、「遺言書で財産を渡すと書いた相手と疎遠になった」というような事項は条件にしづらいので、ある程度書き直さざるを得ませんが、「遺言書で財産を渡すと書いた相手Aが、自分より先に亡くなった」場合であれば条件として書くことが可能です。例えば、「もし私より先にAが亡くなっていた場合には、Aの長男であるBに相続させる」というように、遺言書に予備的な記載をしておきます。こうすることで、万が一Aが自分より先に亡くなってしまったとしても、わざわざ遺言書を書き直す必要がなくなるわけです。

  • 遺言書をつくる際には、様々な事態を想定して、できるだけ書き直さなくて良いように書いて置きましょう。また、それでも変更せざるを得ない場合には何度でも書き直しができます。書き直しになる可能性を恐れて遺言書を書かないうちに万が一のことがあれば、残されたご家族が非常に大変な思いをされることも少なくありません。ぜひ、早いうちから遺言書を作成しておきましょう。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

士業間の連携は、相続のサポートをしている事務所ではある種当然と言えますが、当センターではお客様のお困りごとを信頼できるメンバーで総合的に解決するため、弁護士や税理士、司法書士等各専門士業のほか、家屋の解体や骨董品鑑定、遺品整理、不動産業者等各分野の専門家と連携しております。お困りの際は、ぜひご相談ください。
なお、各サポートはご依頼前に必ずお見積りを提示いたしますので、ご安心ください。

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。

問合せ4.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です