遺言書を作った後で、できるだけ書き換えなくて良いための工夫とは。

大前提として、遺言書は一度作成したとしても、その後何度でも書き換えることが可能です。そのため、もし状況が変われば書き直せば良いです。

とはいえ、遺言書を書き換えるには、公正証書であれば費用もかかりますし、頻繁に書き換えるのは大変なこと。そのため、遺言書作成時に想定できる将来の出来事についてあらかじめ盛り込んでおくことで、将来万が一のことがあった際に遺言書を書き変えなくて済むように工夫をしておくことも重要です。

遺言書を書き換えなくて良いための工夫は、「予備的な記載」をしておくことです。例えば、「長男に自宅の土地建物を相続させる」という内容の遺言書を書いた後、あなたよりも先に長男が亡くなってしまうと、長男に渡すはずだった自宅の土地建物は宙に浮いてしまいます。注意しなければならないのは、特に遺言書に何も記載がない場合、「長男がすでに亡くなっているのだから、長男に相続させると書いてある土地建物は、長男の子」というように自動的に読み替えられるわけではない点です。

そのため、「万が一長男が自分に相続が起きる以前に亡くなった場合には、長男に相続させると書いた財産はすべて長男の長男に相続させる」など、万が一の事態に備えた記載をしておくと安心です。このような記載があると、もし長男が自分よりも先に亡くなってしまったとき、遺言書を書き変えずに済みます。

また、遺言書の内容を遺言書通りに実現する責任者のことを「遺言執行者」と言いますが、これについても、もし第一候補として選んだ人が先に亡くなってしまったり病気などで執行ができない場合に備え、ダニ候補について予備的な記載をしておくと安心です。

更に、預金の額を「将来的に長男と二男で配分を変えたくなるかもしれない」等の事情があれば、渡す金額を預金の金額や預金に対する割合で指定するのではなく、例えば「ゆうちょ銀行の貯金は長男、三菱東京UFJ銀行の預金は二男」というように、口座ごとの枠で指定しておくという方法があります。

例えば今の気持ちでは同じくらいの預金を残したいのであれば、ゆうちょとUFJに例えば500万円ずつ入れておけば良いですし、長男の配分を増やしたいのであれあ、UFJからゆうちょに資金移動すれば良いのです。ただし、例えば1,000万円入っていた口座の中身を丸々移すような極端なことをするとのちにトラブルになる危険性がありますので、バランスには注意しましょう。

遺言書は何度でも撤回・書き換えができますが、できる限り書き換えなくて良いための工夫もできるのです。無駄な負担を避けるためにも、遺言書の作成はぜひ、本当に相続に詳しい専門家に相談しながら行うようにしましょう。

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

士業間の連携は、相続のサポートをしている事務所ではある種当然と言えますが、当センターではお客様のお困りごとを信頼できるメンバーで総合的に解決するため、弁護士や税理士、司法書士等各専門士業のほか、家屋の解体や骨董品鑑定、遺品整理、不動産業者等各分野の専門家と連携しております。お困りの際は、ぜひご相談ください。
なお、各サポートはご依頼前に必ずお見積りを提示いたしますので、ご安心ください。

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です