遺言書の内容を実現するために欠かせない、遺言執行者とは?

当たり前ですが、遺言書は「つくること」がゴールではありません。実際に相続が起きた後、その遺言書を使ってスムーズに手続きが行わなければ、意味がないのです。

遺言書の内容の実現のために不可欠なのが、「遺言執行者」です。いくら有効な遺言書があり、「誰にどの財産を相続させる・遺贈する」という詳細な記載があったところで、各財産が勝手に遺言書へ書いた相手へ渡るわけではありません。具体的に、誰かが遺言書の内容通りに手続きを行い、実行する必要があるのです。この責任者のことを、「遺言執行者」と呼ぶと考えてください。

では、遺言執行者がいないと、どうなるのでしょうか。

遺言書の内容にもよりますが、多くの場合、一つ一つの手続きをするために、相続人全員の同意が必要になります。そもそも相続人の中に印鑑をもらいづらい人がいるから遺言書を書いたはずなのに、これでは本末転倒です。また、そもそも遺言執行者がいなければ実現できない内容もあり、その場合には、家庭裁判所で選んでもらうことになります。

とにかく、遺言書内で遺言執行者の指定がなければ、残された家族にとっての手続きはとても煩雑なものになりかねません。

遺言書を作成するときは、遺言執行者の指定も忘れないようにしましょう。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。yamada

8 Replies to “遺言書の内容を実現するために欠かせない、遺言執行者とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です