遺言書に書いた後で、預金金額が変動したらどうなる?

遺言書には不動産等一部の財産についてだけではなく、預金等その他の財産についてもしっかりと記載しておくことが、問題のない遺言書作成のポイントの一つです。

では、遺言書を作成したあとで、記載した預金口座の金額が変動したらどうなるのでしょうか。

これは、全く問題ありませんので、心配いりません。まず大前提として、遺言書に書いたからと言って、自分の財産が触れなくなるわけではありません。通常通り預金を使って生活し、場合によっては遺言書に書いた不動産を売却しても構わないのです。遺言書に記載のある財産が、実際に相続が起きたときに無ければ、その「もう無い」財産についての記載が撤回されたとみなされます。

また、遺言書には、手続きのことを考えると、預金口座については「金融機関名」「支店名」「普通預金、定期預金等の種類」「口座番号」までは記載しておくことが望ましいのですが、何も金額まで記載する必要はありません。よほど元本額が動かない定期預金は別として、一般には生活をしていく中で預金額は変動しますから、無用なトラブルを避けるため、金額までは書かない方が良いのです。

なお、遺言書に書いた後で大きく資産の変動があった場合には、相続人間のバランスに注意し、ご自身の考えた内容とずれていないか、定期的に見直されることをお勧めします。最初から将来の変動が予想されるのであれば、それを盛り込んで内容を検討することも後の負担を軽減するためのテクニックです。

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

士業間の連携は、相続のサポートをしている事務所ではある種当然と言えますが、当センターではお客様のお困りごとを信頼できるメンバーで総合的に解決するため、弁護士や税理士、司法書士等各専門士業のほか、家屋の解体や骨董品鑑定、遺品整理、不動産業者等各分野の専門家と連携しております。お困りの際は、ぜひご相談ください。
なお、各サポートはご依頼前に必ずお見積りを提示いたしますので、ご安心ください。

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です