遺言書で寄付をする場合の注意点~遺留分は、大丈夫?~

遺言書での寄付を実現させるためのポイントはいくつか存在します。ここでは、「遺留分を侵害しないこと」についてお伝えします。

遺留分とは、子や配偶者などに存在する、最低限保障された権利を言います。遺留分の割合は、原則として本来の法定相続分の2分の1。例えば、妻と子2名がいる場合、本来の法定相続分は、妻2分の1、子がそれぞれ4分の1です。遺留分は、それぞれこの半分で、妻が4分の1、子がそれぞれ8分の1になります。

遺留分を侵害した遺言書を、作成すること自体は可能です。つまり、例えば上記の例で、「全財産を、団体Aに寄付する」という遺言書を作ること自体はできます。

しかし、相続が起きた後、妻や子からこの団体へ、「自分の取り分は返して」という請求(=「遺留分減殺請求」)をされる可能性があるわけです。そうなった場合、団体としてもトラブルに巻き込まれることは困るでしょうから、「だったら何もいらない」と遺贈自体を放棄する可能性も否定できません。

遺言書を作成する際は断片のみ見るのでなく、全体像を見たうえで、実際の手続きを想定する必要があります。安易に「すべてを寄付」をした遺言書は、関係者全員を困らせてしまうことにもなりかねないのです。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。

yamada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です